ウィーンの巻(その3)オーストリア料理ダイエット〜ターヘルシュピッツをどうぞ

ウィーンの巻 その3 です。

ウィーンのお料理と言ったら、何を思い出しますか?

そして、

オーストリア料理でダイエットは可能なんでしょうか?




■ オーストリアのダイエット料理とは?

オーストリア料理もヨーロッパのほかの国と同じで、一皿の量がとても
多いです。


量は多いのですが、


その中で、比較的低カロリーのお料理を紹介しますね。


☆ ターヘルシュピッツ (Tafelspitz)です。


プラフッタ(PLACHUTTA)という有名店で体験しました。

写真はこちら (お鍋ごと出てくるんですよ)

@ まずホットプレートがきます。


P6220315.JPG



A 鍋ごときます!!

P6220317.JPG



B 付け合せ

P6220319.JPG



C お皿に取り分けてくれました。

P6220322.JPG


ターヘルシュピッツは、ヴィーナーシュニッツェルと並んで、有名な
オーストリア料理です。

スパイス入りビーフブイヨンでゆでた牛肉です。野菜入り。
つまり鍋物のようなお料理です。

お肉を揚げたり、焼いたりしていないし、脂肪分はスープに溶けているので

ヴィーナーシュニッツェルなどより、ぐっと、どちらといえば

ダイエット向けのメニューでしょう。

但し、

但し、

やっぱり量は多いです。


二人でシェアすればちょうどよいですね。

まずスープをいただいてからお肉を食べます。

リンゴとホースラディッシュ(西洋ワサビ)を合わせてすりおろした
アプフェルクレンというソースをつけて食べます。

ソース

P6220321.JPG


西洋ワサビなので、それほど辛くはありません。

お肉は柔らかく、味は淡白で、とても食べやすかったです。

お鍋に一緒に入っていた骨髄はパンにつけて食べるそうですが、

骨髄

P6220324.JPG

付け合せもあるし、お腹が一杯でとてもパンは入らなかったです(笑)。

おすすめです。


プラフッタはターヘルシュピッツで有名なレストランですが、

P6220326.JPG



オーストリア料理のお店ならターヘルシュピッツは、普通どこにでもあります。



☆ 別のお店(カフェ)のターフェルシュピッツ


画像 133.jpg

ここはカジュアルなのでお鍋は出てきませんでした。お皿です。

それでもこれは1人分の量です。2人で分けました。

ソース

画像 134.jpg



■ ウィーン料理といえば


ここから下はダイエットとは全く関係ない話題です・・・。


ウィーン料理で一番有名なのは?

ヴィーナーシュニッツェルとザッハートルテですよね?


☆ ヴィーナーシュニッツェル

ヴィーナーシュニッツェルは、本来薄く延ばした仔牛の肉に衣をつけて
バターかラードで炒め揚げしたものです。

でも豚肉を使ったヴィーナーシュニッツェルのお店も多いです。

写真はこちら。ホテルザッハーのカフェのヴィーナーシュニッツェルです。仔牛肉使用。

画像 438.jpg

これは1人分(2枚!!)をシェアしたものです。
レモン汁をかけて食べます。きれいに包んであるのがレモン本体です。

日本のトンカツと全然違いますが、それほど油っぽくはなかったです。

話のタネには、やっぱりシェアして食べてみるのがいいでしょう。

シェアしても、それでも量が多いですが・・・。




■ デザート編〜ザッハートルテ

ウィーンで有名なデザートといえば、ザッハートルテです。

ダイエットには全く向きませんし、甘さ控えめで繊細な日本のケーキと比べると、かなり甘いです。でもその甘さが心地よいのですね。

ちなみにザッハートルテには本家(元祖)が2店あります。

ホテルザッハーのザッハートルテです。

画像 442.jpg



アプリコットマーマレードが中央に入っています。

トッピングは丸いチョコ

生クリーム付き。

このクリームは全く甘さがないので、ケーキと一緒に食べると甘さが緩和されて?イイ感じです。



デーメルのザッハートルテ

画像 230.jpg



上のチョコは三角形。ジャムなし。クリームなしです。


どちらもケーキの外側は、まるで羊羹の端の固いお砂糖の塊のようなイメージです。

甘い。甘い。でもその甘さは、くどいということがなく上品さを保っていました。


ウィーンはカフェも、ケーキの種類も豊富で、ケーキ好きにはこたえられない街でした。



■ ウィーン人のメタボ比率とは?

ところでウィーンの街を歩いた印象は、

「去年行ったスペインよりも、ふくよかな人の割合が少ない!!」

ということでした。単なる印象です。数字の裏づけはアリマセン。

スペインの方、気を悪くしたらゴメンナサイ。

もちろん完全にメタボ!!という人も多いですが、ほっそりした人も結構
いましたよ。


なんでかなあ? 

スペイン料理の方がおいしいのか?

オーストリア料理の方が一皿の量が少ないのか? 

オーストリア料理の方が低カロリーなのか?

オーストリア人の方が、ダイエットに関心があるのか?

スペインは夕食時間が遅いからなのか?

スペインの方が食べることに熱心なのか?

体質の違いなのか?

考えても、考えてもわかりませんでした(笑)。



トップ > 海外旅行 > ウィーンの巻(その3)オーストリア料理ダイエット〜ターヘルシュピッツをどうぞ


「37歳で医者になった僕」で水川あさみさんが愛用!オーロラコットン トート
最近の記事


遂に登場!アスタリフトのコラーゲン♪お試しサンプルはこちら

1年かからず31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法
プロフィール
名前:細川美菜
年齢:自称 38歳
性別:女性
一言:永遠のダイエッター。
4kg超の過熟児として生まれるが、肥満児ではなく、高校時代の身長167cm、体重 62kg。
高校卒業後なぜか太りだし、大学も就職後も67kg位。何度もダイエットを試みるが、過食に走り挫折。暗い?青春時代を送る。
結婚後、どんどん体重が減り、60kgでストップ。それを維持。最近 63kgになってしまったので、ダイエットを決意。外食ダイエットも取り入れ、57kgになった。50kg代という未知の世界?を楽しんでいるが、注意していないとすぐまた体重が戻る。
お酒は飲めず、好きな食べ物はスイーツ。スポーツは見るだけ。

メールはこちらへ
お試しセット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。